FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公文。今後について
2008年05月24日 (土) | 編集 |
ご無沙汰しておりました
日記にコメント下さった、
まりりん。さん、あちゃさん、cibiccoさん、コメント出来なくてごめんなさい

15日からずっと悩んでいました・・・
これからのかじ介の家庭学習のことで。

公文へは、火曜と金曜の週2回通っています。
家から少し離れたところにあるので、バスで通ってます

私が仕事をしていることもあって、
(仕事終わった後、かじ介を保育園に迎えに行って、その後かじ介と一緒にバスに乗って公文教室へ)
公文へはだいたい18時半ごろに着きます

教室で、プリント+ひらがな磁石盤+カードをするので教室を出るのが
19時10分~15分頃。
家に着くのが19時40分頃

家に帰ってご飯を作って~などをするので、どうしてもいつもより寝かしつける時間が遅くなってうんです

っていう事も関係しているのか、公文教室へ通い始めてた(3月末)ここ2か月の間に6回くらい熱出して保育園をお休みしています

さらに悩まされるのが、
最近の公文嫌々期

先々週の金曜日?くらいから、公文教室後から特に嫌がるようになり…

『先生、“あいうえおうさま”しなさい!っていうから嫌い』
と言うようになり、

毎回毎回、公文教室後、家へ帰る途中でも
『小さいプリント(ズンズン)楽しくない あいうえおうさま(磁石盤)も嫌い!!!』
と言ってます

かじ介を指導してくださっている先生は、とても熱心で穏やかで、かじ介にとても良くしてくださる素晴らしい先生です。

ですが、最近の先生は少し
『かじ介に早く5枚,10枚のプリントを一人で出来るようになってもらいたい!!』
『一人で出来るようになって、みんなと同じテーブルへ!!』
という焦り?思いが強いような気がするのです。

昨日も、ズンズン5枚するのを嫌がっているかじ介に、

先生 『かじ介くん~!火曜日に先生とズンズン5枚やろう!ってお話してよね~!』

かじ介『しな~い!かじ介3枚がいい!!!』

先生 『先生、かじ介くんと火曜日にお話してこと全部ここに書いてあるんだよ!』
   『今日は5枚やらないと帰れないよ!』

かじ介『小さいプリント嫌だ~!3枚がいい!! 沢山しない!!』


結局、嫌々5枚しました

でも嫌々なので、雑…

家ではかじ介が嫌がるときは3枚などにしてしまうので、
丁寧にゆっくり書けているのですが・・・

先生には、進度を焦ってはいないので、ゆっくり楽しく進めさせてあげたいというお話を都度しているんだけど、うまく伝わっていないのかな~

プリントを嫌がって3枚しかしない日でも、楽しそうに色塗りをしているかじ介

そんなときは、教室の先生にかじ介がやった公文宿題と一緒に色塗り帳を提出しているのですが、

火曜日に宿題と一緒に提出したドラえもんの塗り絵。
それを見て先生がおっしゃいました。

先生 『かじ介くん~、かじ介くんは塗り絵が好きなの?』

かじ介『うん~♪これね、かじ介が塗ったんだよ』

先生 『上手に塗れているね~ でも、ドラえもんって青色だよね??ゾウはねずみ色じゃないかな??』
(ドラえもんは黄色一色で塗ってあり、象もオレンジで一色塗り)

かじ介『・・・』

先生 『アリ(虫)は何色かな?? 黒だよね??』
(アリは赤や緑、黄色、ピンク色を使って虹色のアリに♪)

先生 『先生、ここ消しておくから黒でアリ塗ってきてね♪』

とおっしゃったんです…

先生には、私から、塗り絵は勉強でやっているのではなくて、圧力がつくと良いな~と思って、本人がやりたいときに、やりたいように塗らせているので、特に色は・・・とお話したのですが

私は少しでもかじ介の事を知ってもらいたい!!と思い、コミュニケーションのつもりで、かじ介がやった塗り絵などを持って行ってお話したりしているつもりなのですが、先生はちょっと違うのかな??

こういう思いの行き違いが多い,かじ介の体調がすぐれないのもあって、休会・退会を考えています。
(先生にも、いろいろ上記に書いた私個人の感想?思いをお話しました)

mixiのマイミクさんには、公文教室のことで励ましてくれたりと、とてもお世話になっているので、
きちんとお話しようと思って書きました。

ここ1週間、私なりに、
教育とは何か 学力低下 考えられない子供 青少年の殺人 自殺
について考えました。
(何でも考え始めると深く広く掘り拡げてしまう私です汗)


かじ介は年中です。
以前、マイミクのみなみさんが教えてくれた言葉。
『今、どうしてもやる必要のある勉強をしているわけではない』
本当、そうだと思います
楽しくない先取りは早いうちに勉強嫌いを作るだけ。

たくさんのプリントを与えてしまうと、かじ介は雑になってしまう。
プリントをこなすことだけに一所懸命になってしまうようです。
『早く家へ帰りたいから』適当に済ませてしまう。

量より中身。
焦らず・求めず・比較せず・楽しく!!!
(あっこ先生の言葉ね♪)

ゆっくり、じっくり、丁寧に学習して欲しい。

子供が100人いれば100通り、
子供には一人一人テンポ=ペースがあるんだと思うんです。
チャキチャキした人、の~んびりな人、
覚えが早い人、覚えるのがゆっくりな人

一日必ずプリント5枚,10枚じゃなくたっていいじゃない?
宿題をする為に子どもがいるのではなくて、
子供のために宿題が存在するんだから
子供を宿題に合わせるのではなく、宿題を子供に合わせてあげたい

子供の表情、様子を見て、楽しく学習を進めてあげたい!!


公文教室へは、かじ介の意思ではなく、私が勝手に決めたこと
『私自身あまり勉強できる子ではなかったから、かじ介には…』
『かじ介は男の子だし、勉強出来た方がいい!!』
かじ介の為!!そんな私の思いで通わせ始めた公文教室。

でもよく考えてみたら、私が子供の意思に関係なく勝手に決めた習い事、
子供に『最後までやりぬきなさい!!!』『やれば出来る!!』『頑張って行こう!!』なんて言えないですよね・・・(苦笑)

いくら楽しい雰囲気を作って明るく優しく言ったとしても、
一度嫌になってしまったら子供にプレッシャーとストレスを与えるだけ

最初は誰でも文字の読み書きができるようになった時に皆、
『読める!』『書ける!』喜びを感じていたはずなのに、
それが『読めること』『書けること』が いつの間にか
『綺麗な文字を書いて先生に貰うことが目的』になってしまっていたり、
テストの為だったり、宿題で嫌々やらされることになってしまっているように感じます。

何のために文字を学ぶの?

使うため、読むため、書くために。
読んで楽しむため、読んで感じるため、読んで必要なことを学ぶため。
書いて自分のことを表現するため、書いて自分のことを相手に伝えるため。
必要なことを書いて記録しておくために。
『正しい、綺麗な字を書くこと』にこだわり過ぎていないか?

話が大きくなりすぎてしまったけど…

勉強を強制するにはまだ早い年中さん
かじ介には、ゆっくり、じっくり、丁寧に、そして味わってもらいたい

文字を書く楽しさ、文字を読む楽しさ
強制するのではなく、結果だけを求めるのではなく、
ゆっくりじっくり かじ介のペースで『学ぶ』過程を楽しみ、
味わってもらいたい

まだ年中ですし♪
子供の表情をしっかり見て、環境を作ってあげる、
手出し口出ししないで見守ってあげれば、
自然に自ら学んでいくのかな~なんて思うのです

今はまだ『通う時期』ではなかったのかな?

本人の中で『もっと学びたい!』という思いが芽生えたとき、
その時は、2教科でも3教科でも通わせてあげたい!!
(その時はママも頑張っちゃうぞ~)
そう思うのです。

重~い、暗~い内容になってしまいましたが、
1週間?10日間、私なりに考えて考えて、すっごく悩みましたが、

これからは、かじ介の自主性を大切に、のんびり、楽しく
やって行こうと思います

(あ!!!これは私一個人の考えであって、公文を批判しているわけではありませんよ~!!! かじ介にはまだ早かった? 『通う時期』ではなかったかな?って思っただけですから)

読んでくれてありがとうございました
これからもどうぞ宜しくお願いします
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。